生漢煎の防風通聖散は他のメーカーと何が違う?

生漢煎の防風通聖散は他のメーカーと何が違う?

生漢煎の防風通聖散は脂肪を落とし、ダイエット効果に優れていますが、一般的なダイエット系サプリメントと違い、防風通聖散は第2類医薬品に分類される漢方薬です。
医学的に効果が認められた働きとしては、代謝機能の向上、利尿作用、便通の促進などがあります。
その結果として、余分な皮下脂肪が少なくなり、肥満や便秘を改善します。

 

さらに利尿効果が高いために、むくみの改善や、水太りにも効果的です。
通常のダイエットサプリと違って、リンパの流れが良くなるので肩こりにも効果が期待できます。
つまり脂肪を燃焼させる効果と、余分な水分を取り除くという2つの作用を持っていることになります。

 

また、サプリメントと異なり、有効成分を単に配合しているわけではなく、漢方薬としての生薬の配合比率が守られています。
これを満量処方と呼びます。

 

さらに生漢煎の防風通聖散が他のメーカーの防風通聖散と違う点は、使用している原生薬量にあります。
現在市販されている複数の防風通聖散を比較してみると、1日当たりの原生薬量が多くなっています。

 

生漢煎の防風通聖散は、最大量27.1gの原生薬を配合してあり、1日の服用目安量を飲むことで、有効成分4,500mgを摂取できます。
他のメーカーでは、1日当たりの服用目安量の中に配合された有効成分が、2,250mgや2,850mgであったり、3,100mgである場合もあります。

 

また、他のメーカーの防風通聖散では錠剤タイプもありますが、生漢煎の防風通聖散は、粉末タイプです。
そのため、加工する際にどうしても必要となる添加物を、最小限に抑えています。

 

人によっては粉末は飲みにくいと感じる場合もありますが、実は粉末は錠剤よりも吸収率が高くなります。
そして分包タイプなので、保管に際して湿気が入る心配がありません。
スティック状なので外出先で飲む場合にも便利です。
服用の際は、他の漢方薬と同様、食前の空腹時に白湯で飲むと効果が高まります。

 

【生漢煎】防風通聖散のダイエット効果