なぜ漢方薬は食前か食間に飲むのが効果的なの?

なぜ漢方薬は食前か食間に飲むのが効果的なの?

漢方薬は一般的に食前か食間に服用することが効果的とされていて、実際にそのように添付文書に書いてあったり、そのように医師や薬剤師に指示されたりします。

 

これはいくつかの理由がありますが、最も大きな理由としては、昔からそうされてきていて、それが漢方薬の有効性を高め、副作用を軽減すると思われてきたから、ということになります。
なんといい加減な、と思われるかもしれませんが、実際のところ漢方薬というのは非常に長い間にわたって経験的に用いられてきた面もありますから、昔からの習慣というのは非科学的だと言って必ずしも一笑に付すことはできません。

 

なお、食前とは食事の直前ではなく、食事を始める30分程度前を指します。
食間とは食事中という意味ではなく、食事と食事の間、これが分かりにくければ食後2時間程度経過したときを指します。

 

では昔からの経験というのを現代の科学で置き換えればどういうことが考えられるのかというのは気になるところでしょう。
まず、漢方薬というのは一般的に複数の生薬成分が配合されています。
この成分バランスが重要であって、胃の中に食物があるときに飲むと、バランスが崩れてしまうということです。

 

ある成分は食事の影響を受けて吸収が遅れてしまうかもしれません。
一方で別の成分は食事の影響を受けずにそのまま小腸から吸収されるために、早く吸収されるかもしれないのです。

 

こうなると、食前や食間に服用するのと食後に服用するのとでは、それぞれの成分のバランスが変わってくることになります。
ただし、この考え方はあくまでも理論でしかありません。漢方薬の成分はあまりにも数が多く、またどれが有効成分なのかまだ知られていないものも少なくありませんから、実際に吸収量を調べることが実際的でないためです。

 

なお、もし食前や食間に飲むことができなかったときは、漢方薬ではない普通の薬と同じように食後に服用しましょう。
飲み忘れてしまうくらいならば、食後に飲むほうが適切です。

 

【生漢煎】防風通聖散のダイエット効果