防風通聖散の清熱効果でおなかが空きにくくなるって本当?

防風通聖散の清熱効果でおなかが空きにくくなるって本当?

防風通聖散は、効果効能が認められた漢方薬のひとつで、医薬品として販売されています。
効果は、余分なお腹の脂肪を分解して燃焼させ、排出促進させます。

 

腹部の皮下脂肪を減らして肥満はもちろんのこと、便秘や肩こり、むくみの解消にも期待がもてます。
18種類の凝縮された原生薬が生漢煎で含まれており、製剤技術によってデンプンなどの添加物を少なくし、有効成分を4500ミリグラムにしています。
少ないエキスに凝縮が可能となったことで、1回につき一包の服用が実現しています。
肥満体質で便秘がちな人や、肩こり、動悸、のぼせ、むくみ、便秘の型におすすめです。
防風通聖散の飲み方は、ぬるま湯か水で食事のおよそ30分ほど前に飲むと良いでしょう。

 

白湯で飲むと、胃腸などの内臓機能を温める効果が期待でき、胃の中に溜まった未消化物質や毒素を体外に排出させやすくなるのでおすすめです。
飲み続けることで代謝を高め、便通をうながし、清熱させ、利尿させる効果が期待できます。ゆっくりと効果を実感することができるため、リバウンドしにくい身体へと導くことができます。

 

また、清熱効果で胃腸の熱を発散させることから、お腹がすきにくくなる期待がもてます。
食べ物を摂取する場合、早食いをしたり、肉や揚げ物など、脂肪が過剰に含まれているものを食べたり、野菜不足の場合、胃腸はどんどん熱を蓄えていき、お腹がすきやすくなります。

 

防風通聖散を飲むことで胃熱を静めて胃腸の調子を整え、食べ過ぎを自然にストップすることができるのです。
代謝があがると老廃物を溜め込みにくい身体となり、更に太りにくい体質へと変化していきます。

 

【生漢煎】防風通聖散のダイエット効果