防風通聖散に含まれる成分は?

防風通聖散に含まれる成分は?

防風通聖散と呼ばれる漢方が、ダイエットの強い味方として広く知られるようになっています。
では、今話題の防風通聖散に含まれる成分にはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

 

含まれる成分はたいへん多く、合計十八種類もの生薬から作られていると言われています。
まず、ダイエットといえば真っ先に汗をかくことを思い浮かべる方がいることでしょう。

 

この漢方には、発汗を促し余分な体熱を放散させる働きを持つ成分が含まれており、ダイエットに効果があると言われているのです。例えば、薄荷や防風、麻黄、生姜また連翹や荊芥などがあります。
これらの生薬の働きによって、根本的な体質改善を図ることができるようになります。

 

また防風通聖散に含まれている別の成分は、排便を促す効果を持つものです。
大黄や甘草、また芒硝と呼ばれる生薬には、便通を改善し体にこもっている熱を排出する働きがあります。
もちろん、人それぞれに体質が異なるため、人によってはこの作用が効きすぎてしまうこともあると報告されています。
それで万が一、下痢に似た症状が起きた場合には、医師に相談して服用を続けるべきか判断を仰ぐことができるでしょう。

 

さらに、排尿を促す成分も含まれています。
この作用を促す生薬は、滑石や白朮と呼ばれるものです。
一般に、ダイエットにむくみは大敵であると考えられています。水太りしてむくんでいるような症状に対しては、防風通聖散が特に効果的であると言えるでしょう。

 

加えて、デトックス効果が期待できる成分もあります。
特に、石膏や山梔子、桔梗といった生薬には、体にこもってしまった熱を取ったり、炎症を抑えたりする働きがあると言われています。
また、芍薬や当帰といった生薬には血行を促進すると同時に、体の新陳代謝を促す効果があるとされています。
そのため、防風通聖散を正しく服用することによって、デトックス作用によるダイエット効果を期待できるでしょう。

 

【生漢煎】防風通聖散のダイエット効果