防風通聖散の味|飲み方の工夫で苦さを克服!

防風通聖散の味|飲み方の工夫で苦さを克服!

防風通聖散は、お腹の脂肪を分解して減らす効果のある漢方薬として人気があります。
いくつもの大手製薬会社が防風通聖散を利用した製品を発売しており、親しみやすいネーミングで馴染みやすいものとなっています。

 

内臓脂肪を明確に減らすことが医学的にも証明されている医薬品であり、一般的に食品として販売されてい減量サプリメントよりもはるかに効果が高いのも特徴なのですが、服用する際に漢方独特の苦味がするために飲みにくさを感じたことがある人もいることでしょう。

 

あの苦味こそが有効成分の味ではあるものの、いかにも生薬のような強い匂いと味であるために、飲んだあとにもしばらくその風味が残ってしまい、人によっては気分が悪くなってしまう場合もあります。
しかし、しっかりとした効果を実感するためには指定された分量を定期的に服用していく必要がありますので、残念ながら効果が認められないまま飲み続けることを断念してしまうというケースも聞かれます。

 

もっとも簡単な飲み方は、顆粒を飲む前にある程度の水を口に含んでおくという方法です。
多少のコツは必要ですが、錠剤が直接舌に触れることを防げますので、かなり飲みにくさが軽減できます。

 

また、ゼリー状のコート剤を使用するという方法もあります。
顆粒を完全にくるみますので、苦味や匂いが感じられることが少なくなります。

 

また、飲み込んだあとにしばらく鼻での呼吸を行わないように意識することで、ある程度独特の匂いを感じにくくすることも可能です。

 

防風通聖散は定期的に飲み続け、そして適度な運動と食事量の適正化も同時に図ることによって効果がアップします。
飲みにくさを克服し、飲み続ける習慣を定着した上で、日常生活の見直しも同時に進めましょう。

 

【生漢煎】防風通聖散のダイエット効果