防風通聖散の副作用は?これだけは注意しましょう。

防風通聖散の副作用は?これだけは注意しましょう。

防風通聖散の効能としては、肥満症に効くことや、便秘改善などに役立つとも言われています。
また、高血圧や肥満に伴う動悸、肩こり、のぼせ、むくみに効果があり、さらに蓄膿症(副鼻腔炎)や湿疹、皮膚炎、ふきでもの(ニキビ)にも効果があると言われている漢方薬です。

 

漢方薬は即効性がないものが多い為、そこまで強い副作用が出ることはありませんが、少しはあります。
症状は人によって違いますが、症状としては胃の不快感や下痢などの胃腸症状に動悸やめまい、発汗過多などが挙げられます。
尚、防風通聖散の副作用として注意したいのが、浮腫(むくみ)を生じることがあったり、血圧が上がってくることに気をつけましょう。
このような状態を「偽アルドステロン症」と呼ばれ、複数の漢方薬を長期服薬している時などに出やすい為、注意が必要です。

 

また、間質性肺炎や肝障害なども報告されています。
万が一、咳や息切れ、呼吸困難や発熱、ひどい倦怠感や皮膚や白目が黄色くなるなどの症状があった場合は、すぐに医師に相談するようにしましょう。

 

防風通聖散を使用するにあたって、服薬を勧めることができない人がいます。
胃腸などの疾患を持っている人は使用しない方が良いとされています。
また、下痢や軟便、胃腸が弱い人、食欲不振や嘔吐症状がある人が使用すると、症状を悪化させてしまうことがあるので注意してください。

 

漢方薬は主に体質改善として使用されることが多く、結果はすぐに出ません。
その為、ダイエットを目的として使用する場合には、長期服薬が望ましいでしょう。
飲み続けることで、体質が改善されると痩せやすくなる傾向があると言われているので、結果が早く欲しい人には向いていません。
ですが、便秘改善などの効果は早い段階で表れてきます。
正しい用法と用量をしっかりと守り、服薬するようにしましょう。

 

 

【生漢煎】防風通聖散のダイエット効果