肥満症が及ぼす身体への悪影響|放っておくとひどい目に遭う!?

肥満症が及ぼす身体への悪影響|放っておくとひどい目に遭う!?

日本人の平均寿命が延びていて、とても喜ばしいことのですが、手放しでは喜べないことがあります。
それは、他人のお世話とか、介護の関係とかでサポートをいただかなくてもよい、一人で何とか生活できるという健康寿命ということがありますが、平均寿命からマイナス10歳くらいが、この健康寿命と言われていることです。

 

今、平均寿命は男性は80歳を少し超えたところ、女性は86歳くらいなのですが、あくまで平均ですが男性は70歳少しで、女性も75歳を超えると健康を損なうというショッキングな統計結果となっているわけです。

 

よって来る所以は、生活習慣病です。日本が戦後の貧しい時代から、復興を果たし、日本が一番だと世界からもてはやさたときもあったように、様々なことが進歩・発展し、豊かな国に成長しました。
当然のことながら、衣食住それぞれも充実し、洗濯機など文明の利器も生まれ、肉体的にも楽な生活に変化してきました。

 

特に食生活は欧米の文化に習って、すこぶる豊かになりました。
これらが複合的に悪影響を及ぼすこととなり、今日本で問題となっている生活習慣病に結びついたわけです。
糖尿病、高脂血症、高血圧ということは誰にも知られています。

 

そして、これらが脳梗塞とか心筋梗塞とか、取り返しのつかないことへ誘導しています。拍車をかけているのは、肥満です。
タバコもそうなのですが、どの生活習慣病も、肥満であれば深刻度が加速されます。

 

メタボリックシンドロームの人が、健康診断数の数値はどれも大丈夫だと威張ることもありますが、とんでもないことです。
何らかの関係で、健康数値が異常でなくても、メタボは不健康の温床ですから、気がついたときには手遅れになるというような危険因子を身体に含んでいるという状態なのです。

 

前述のとおりの病魔が、虎視眈々と狙っており、いつ発病するか分からないということをしっかりと認識し、食生活改善、適度な運動ということ、後は適切な睡眠としっかりした排泄を心がけ、病気と縁遠い身体づくりに励まないといけないのです。

 

【生漢煎】防風通聖散のダイエット効果